レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスの違い

いざ脱サラして起業する、地方から首都圏へ新しい拠点を設立しようと考えた際、イニシャルコストを抑えた上でスタートしたいと思う人も多いでしょう。そんなニーズに応えるべく「レンタルオフィス」や「バーチャルオフィス」、「シェアオフィス」などのオフィスが人気を呼んでいます。

これらの形態のオフィスにおける一番の魅力は何といっても費用面です。普通にオフィスを借りようと思ったら、都心部のような人気のエリアだと敷金や保証金だけでなく、月々の家賃も相当な額となります。ましてやオフィスの体裁を整えるために内装も施さなければなりません。その他にもオフィス家具や事務用品、備品なども必要となり、オフィスを構える費用だけで数百万~数千万の費用が掛かってしまうことも。

しかしレンタルオフィスやバーチャルオフィス、シェアオフィスであれば、オフィスにかかる費用を大幅に削減できるため、事業を始めたばかりの企業やオフィス費用を安くしたいと考える企業にとっては大きなメリットとなります。

とはいえ、自社にはどのオフィス形態が向いているのか、メリットやデメリットについてきちんと理解できている人はあまりいないのではないでしょうか?

それぞれのオフィスの特徴をしっかり把握したうえで契約しないと、登記可能なオフィスの場合一度契約してしまったら容易に変更できないケースもあります。

今回は、レンタルオフィスやバーチャルオフィス、シェアオフィスの違いやそれぞれのメリット・デメリットお伝えし、どのようなケースでどのオフィスを利用するのが良いのかを一緒に見ていきましょう。

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは個室のスペースを借りた形でコピー機やFAX、打ち合わせ用の会議室など、業務上必要なものを他の契約している会社と共有して利用するオフィス形態のことを指します。

レンタルオフィスの特徴として、内装だけでなく、机や椅子、事務用品、Wi-Fiといった通信インフラといった最低限オフィスとして機能すべく必要となる環境が用意されており、オフィス開設の時間や手間を大幅にカットできます。月極契約や時間貸しでの利用も可能とするレンタルオフィスもありますし、秘書サービスがついているところでは、来客対応や郵送物の受け取りなども行ってくれます。

また、オフィスのある立地は主要駅近くにあることも多く、利便性が高いことから仕事上の移動や来客には好都合です。

さらに法人登記が可能であるレンタルオフィスなら、自宅を登記しようと思っていた人にとっては自宅住所を公開しなくてもよく、プライバシーやセキュリティー面でも安心です。

バーチャルオフィスやシェアオフィスとの違いとして、個室が割り当てられることは大きな特徴ですが、1人用の個室から従業員含め数人程度が入れる個室など、部屋の大きさはさまざまです。また、借りられる会議室も都度費用がかかります。そのため思った以上の出費がかさんでしまい割高になってしまうこともあるので注意しましょう。

また実際にあった話ですが、古くなったビルにレンタルオフィスが入っている場所だと、建物の建て替えによって強制的に立ち退きを求められることもあります。もし法人登記をそのレンタルオフィスで行っている場合、新たに移転登記をしなければならず追加コストと手間がかかることになってしまいます。そのような意図しない移転に遭遇しないためにも、レンタルオフィスが耐震基準を満たしていないような建物の場合、契約には慎重さが求められます。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは、レンタルオフィスの環境から仕事を行うスペースを取り除いたもので、最低限必要となる住所や電話番号等、オフィスに入居することなく借りられるオフィス形態のことを指します。

仕事する場所が自宅やカフェといったところでOKという人ならバーチャルオフィスであれば実際に業務を行うワークスペースがないことからも安く借りることができてお得に利用できます。なんとバーチャルオフィスの中には月々数千円程度で借りられるものもあるんです。

それに、レンタルオフィスのように空きがないと契約できないということはなく、必要書類が準備できれば契約可能というのも魅力です。

また、契約形態や会社によって多少異なりますが、郵便物や電話がバーチャルオフィスに届いた際には契約時に指定した住所や電話番号に転送される仕組みがあるところが多いこと、また、オプションで打ち合わせスペースが利用できるところも存在します。しかし郵便物転送は1週間に1度といったところも多く、緊急で受け取りたい郵送物がある時にはタイムラグが出てしまいます。

バーチャルオフィスもレンタルオフィス同様に立地が良いところが多く、ビジネス上のブランディングには最適です。ただし同一住所に別の会社が多数出てきてしまったり、運営元のバーチャルオフィスが表示されてしまったりすることがあるので、取引先にバーチャルオフィスであることがわかってしまいやすいことも。

シェアオフィスとは?

シェアオフィスとは、複数いる契約者がフリーアドレス方式で作業環境が整備されたワークスペースをシェアし利用するオフィス形態です。レンタルオフィスやバーチャルオフィス同様、シェアオフィスがある場所も利便性が高いところが多いことから利用者に人気です。

レンタルオフィスが個室契約であるのに対し、シェアオフィスはフリーアドレスのため特定の個室を契約するものではありません。それを利用した利用者同士の事業コラボなどがさかんに行われているという交流メリットも持ち得ています。

このシェアオフィスは、フリースペースを共同使用することから、レンタルオフィスより費用が安いというメリットがある反面、個室でないことによる機密性の低さやセキュリティー面での弱さがあること、また電話時には共有スペースから移動して話さなければならないといったデメリットもあります。

利用者としてはフリーランスの方やノマドワーカー、1人会社の方が多い傾向にありますが、レンタルオフィスのように企業が営業所の1つとして使用することも多く、近年は自宅で作業出来ないテレワーカーのために企業が借りる場合もあるようです。

以上のように「レンタルオフィス」「バーチャルオフィス」「シェアオフィス」の3つのいずれの形態もそれぞれ初期費用や月額費用を通常の賃貸契約と比べて大きく削減でき、素早く事業スタートができるといったメリットがある反面、それぞれに固有のデメリットを自分の事業形態と照らし合わせた上でどのオフィス形態がベストか検討する必要があります。またオフィス形態に加え、当然ながら運営会社によってもサービス内容には違いがあります。
そのためいくつか候補とする物件には実際に足を運んで精査した上で契約するようにしましょう。

オフィス選びで失敗したくないなら銀座ビジネスセンターがおススメかも?

以上、「レンタルオフィス」「バーチャルオフィス」「シェアオフィス」の3つの違いやメリット・デメリットについてまとめてみました。とはいえ、オフィスの選び方に自信がない方はぜひ一度銀座ビジネスセンターを内覧しては?

銀座ビジネスセンターは創業2000年、およそ20年に渡りレンタルオフィス業界のリーディングカンパニーとしての地位を保ち続けています。業務拡大に伴い数度の移転を経て、現在は銀座風月堂ビルという銀座6丁目の一等地で、450㎡のワンフロアーを使ったバーチャルオフィスと22の個室を時間貸しするサービスの提供をしています。

銀座ビジネスセンターには主に5つの特徴があります。

1.常時10人の常駐秘書サービス

銀座ビジネスセンターには、月曜から金曜の平日9:00~20:45まで常駐秘書が待機しております。

常時10名の高いスキルを持つ秘書は、それぞれの会員様への電話対応から郵送物や宅配物の受け取りサービス等、丁寧かつ正確に対応してくれます。

2.銀座一等地の場所というステータス

銀座ビジネスセンターの住所は「東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5階」。まさに銀座の中心地にあります。ですから、クライアント様との商談の際にも自信を持ってご利用いただけますし、この住所を利用できることにより、クライアント様への信用度向上、会員様自身のステータスを高めることに貢献してくれます。

3.安心安全のセキュリティー対応

銀座ビジネスセンターでは、2~3名ほどの部屋から16名が利用可能な完全個室22の部屋が用意されています。それぞれの個室は天井まで壁があるため気密性の高い作りとなっています。

また、各部屋はそれぞれ施錠によってプライバシーの確保がなされており、営業時間外は警備会社によるセキュリティシステムの作動、カメラによる監視システムにより安全管理を徹底しております。

さらに郵送物に関しても、秘書が個人情報保護に十分配慮した形で安全に預かり・毎日転送してくれます。

4.ご契約当日から利用が可能に

銀座ビジネスセンターはご契約当日から利用可能!必要書類の提出や申込書のご記入、ご捺印、入会金および基本料金支払い完了時点で即ご契約・ご利用が可能です。その際に敷金・礼金、保証金、更新料、保険料等は一切不要となっています。

また、一般的なレンタルオフィスでありがちな半年または1年以上といった最低契約期間の縛りがなく、1か月単位で利用できます。

5.ビジネススタートに最低限必要な備品も完備

銀座ビジネスセンターには、ビジネス開始に必要となるネット環境やホワイトボード、プロジェクターといった備品類もすべて備え付けら20れており、それらを無料で使用することができます。事業開始で何かと物入りとなりがちな時期にコストをかけずに利用できるのは非常に便利です。

このように、銀座ビジネスセンターであれば、法人登記から口座開設を見越したレンタルオフィス契約を行うことができ、ビジネスを円滑に進めていくことができます。
もし法人登記に不安がある、オフィス所在地にはこだわりを持ちたい、とお考えなら、銀座ビジネスセンターをおススメします!

筆者お気に入りのレンタルオフィス
レンタルオフィス銀座ビジネスセンター

詳細はこちらまで

「業界の先駆者」としての信頼と実績!秘書サービスも魅力。
今では一般的になったレンタルオフィスですが、その先駆者とも言えるのがレンタルオフィス銀座ビジネスセンターです。信頼と実績に加え、常時10名の秘書が提供する丁寧で正確な秘書サービスが強みです。
形態 レンタルオフィス、バーチャルオフィス
料金 月額10,000円~
拠点 銀座
評価

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンタルオフィスとは?

シェアオフィスを実際に使ってみて不便に思った理由

マニュアル通りの電話代行サービスはもう古い

レンタルオフィスの隠れた落とし穴

外資系レンタルオフィス契約で大失敗した理由

法人登記後に後悔しない銀座のバーチャルオフィス