シェアオフィスを実際に使ってみて不便に思った理由

シェアオフィスは、人とネットワークや情報共有することを目的とした法人や個人が、共同で入居するオフィス形態のことを指します。

起業したばかりの法人やフリーランスの人にとっては、自身でオフィスを借りるよりもはるかに低コストでオフィスを持ち利用できることや、同じ環境を利用する同業また他業種の人と事業交流を行える場としても活用できることで人気のあるオフィス形態です。また、事務所の固定費削減を考えている企業や、テレワークで仕事がまわるようなIT企業をはじめとしたオフィスを借りる必要性がそれほど高くない企業にも利用者が多いものとされています。

そんなシェアオフィスですが、実際に使ってみるといいことばかりではなく不便に感じるといったデメリットもあるようです。

そこで今回はシェアオフィスで不便に感じる点について、利用メリットと比較しながら見ていきましょう。

シェアオフィスの特徴

シェアオフィスには様々な特徴があり、サービスを提供する運営会社によって異なります。それが差別化要因ともなっており、ホームページなどで調べた上では同じように見える内容でも、シェアオフィスごとに異なっていたりします。

シェアオフィスの特徴について以下にまとめてみました。

シェアオフィスのオフィス形態

シェアオフィスのオフィス形態は様々です。フリーアドレスの共有スペースを自由に使用していいというところもあれば、共有スペースの中に自分専用のブースを借りることができるところもあります。また、ワーキングエリアや打ち合わせエリアなど、利用シーンに合わせて使用できる場所が区分されているところもあります。

シェアオフィスの提供エリア

シェアオフィスの提供エリアもそれぞれに特徴があります。
まずシェアオフィスは、利便性が高い新宿、渋谷、銀座、六本木など都心一等地などの駅近な場所にあることが多いです。そのため自宅から通いやすい最寄りのシェアオフィスを選べば、移動もあまり苦にならず利用できます。

シェアオフィスの住所

シェアオフィスの中には法人登記を行える場所もあり、住所を使用することができます。自社のホームページやや名刺にシェアオフィスの住所を掲載できることから、自宅アドレスが公開されるのを避けるためシェアオフィスで法人登記をしたい、という人にはうってつけのサービスです。
しかし過去に振り込め詐欺やマネーロンダリング等の犯罪に使用されたことのあるシェアオフィスだった場合、銀行の法人口座の開設が不可となることがあります。事前に十分調べたうえで安全なシェアオフィスを選ぶようにしましょう。

シェアオフィスの備品貸出し

シェアオフィスでは様々な備品を借りられることがほとんどです。文具やコピー機、FAX、プロジェクターといったオフィス備品などが無料で借りられるところも多数あります。また、有料になる場合もリーズナブルな値段で利用できるのでわざわざ自分で準備して無駄にコストをかける必要がありません。

シェアオフィスの郵便事業

シェアオフィスとの契約が完了し住所を公開するようになると、会社宛てに郵便物が届くようになります。
届けられた郵便物の受け取り方はシェアオフィスによって異なっており、自分で取りにいくタイプや、郵便物を自宅等指定の場所に転送するタイプもあります。

シェアオフィスの電話・秘書サービス

シェアオフィスには電話転送や秘書代行を行ってくれるところもあります。電話転送は契約の際に振られた電話番号にかかってきたものを自分の携帯などに転送するサービス、秘書サービスは郵便物の転送作業や、電話受付対応(本人不在を伝え、折り返し掛けさせる)、会議室利用時のお茶出し、会議室の予約対応などを行ってくれるサービスです。

シェアオフィスの会議室利用

ほとんどのシェアオフィスには会議室が設置されています。この会議室ですが、各シェアオフィスで部屋数や広さが異なります。あまり大人数が入れる会議室はなく数名程度の利用が一般的となります。利用の際には前もって予約が必要となり、いざ利用したいときに空きがない、急な打ち合わせ時に利用できないといったことがありますので注意が必要です。

シェアオフィスが不便に感じるのはどんな場合?

初期費用を安くオフィスを持つことができることや、共有スペースの充実、他の利用者と幅広いコミュニケーションを取ることができるのがシェアオフィスの魅力ではあるものの、実際に使ってみると当然ながら不便に感じるところは出てきます。

では、たとえばどういった不便があるのでしょうか?具体的にみていくことにしましょう。

仕事に集中したい時に人の存在や声が気になってしまう

納期が迫っている時、緊急案件の対応時には人間だれしも静かに業務を行いたいと思います。

しかし、シェアオフィスだとフリースペースで誰でも出入り自由、常に人の存在を感じながら作業を行わなければなりません。電話や会話が耳に入ってきて集中がそがれてしまうのは避けたいものですが、シェアオフィスは多くの人がビジネスとして利用する空間ですので、運営側もビジネス上問題なければ移動や会話を制限することはできません。

中には耳栓やヘッドホンを利用するという人もいるかもしれませんが、完全に防げるわけではないため、人によってはシェアオフィス内で行える作業が限られてしまう場合があります。どうしても静かな環境で仕事をしたいというのであれば、シェアオフィスでなく、レンタルオフィスなど個室が完備された環境を検討する必要もあるかもしれません。

セキュリティーに不安が伴う

シェアオフィスは自由な開放的空間の提供であるため、財布やスマートフォンといった貴重品の管理、PC内の個人情報管理などを自己責任で行う必要があります。

そのため、トイレや食事で席を外す際には必ず貴重品を置いたまま立ち去らないように心がけましょう。

また、後ろから作業画面が丸見えになり情報が漏れることがないよう、スクリーンフィルターを付けるといった対応もしておくと安心です。

Wi-Fi環境は不安定な場合も

最近のシェアオフィスにはフリーWi-Fiが設置されているところがほとんどですが、利用者全員が回線を共有すれば当然ながらスピードが遅くなってしまうこと場合があります。ファイルやデータのアップロード作業など接続環境が大切な作業を行っている場合には、シェアオフィスの回線の状況など事前に確認をしておくとよいでしょう。

個人でポケットWi-Fiなど契約している場合はそちらを利用したほうがスムーズに通信環境が確保できる場合もあります。

オフィス選びで失敗したくないなら銀座ビジネスセンターがおススメかも?

以上、シェアオフィスの特徴やシェアオフィス特有の不便な点について挙げてみました。

オフィスを探そうと思っていろいろ見てみたものの、どれも今一つ決め手に欠けていて悩んでいる、という方はぜひ一度銀座ビジネスセンターを候補にしてみては?

銀座ビジネスセンターは創業が2000年と、約20年に渡りレンタルオフィス業界のリーディングカンパニーとしてこれまでサービスを提供し続けてきました。その間、何度かの業務拡大に伴う移転を経て、現在、銀座風月堂ビルのある銀座6丁目という有数の一等地にて、450㎡のワンフロアーを使ったバーチャルオフィスと22の個室を時間貸しするサービスを提供しています。

そんな銀座ビジネスセンターの特徴は大きくわけて5つあります。

1.常時10人の常駐秘書サービス

銀座ビジネスセンターには、月曜から金曜の平日9:00~20:45まで常駐秘書が待機しております。

常時10名の高いスキルを持つ秘書は、それぞれの会員様への電話対応から郵送物や宅配物の受け取りサービス等、丁寧かつ正確に対応してくれます。

2.銀座一等地の場所というステータス

銀座ビジネスセンターの住所は「東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5階」。まさに銀座の中心地にあります。ですから、クライアント様との商談の際にも自信を持ってご利用いただけますし、この住所を利用できることにより、クライアント様への信用度向上、会員様自身のステータスを高めることに貢献してくれます。

3.安心安全のセキュリティー対応

銀座ビジネスセンターでは、2~3名ほどの部屋から16名が利用可能な完全個室22の部屋が用意されています。それぞれの個室は天井まで壁があるため気密性の高い作りとなっています。

また、各部屋はそれぞれ施錠によってプライバシーの確保がなされており、営業時間外は警備会社によるセキュリティシステムの作動、カメラによる監視システムにより安全管理を徹底しております。

さらに郵送物に関しても、秘書が個人情報保護に十分配慮した形で安全に預かり・毎日転送してくれます。

4.ご契約当日から利用が可能に

銀座ビジネスセンターはご契約当日から利用可能!必要書類の提出や申込書のご記入、ご捺印、入会金および基本料金支払い完了時点で即ご契約・ご利用が可能です。その際に敷金・礼金、保証金、更新料、保険料等は一切不要となっています。

また、一般的なレンタルオフィスでありがちな半年または1年以上といった最低契約期間の縛りがなく、1か月単位で利用できます。

5.ビジネススタートに最低限必要な備品も完備

銀座ビジネスセンターには、ビジネス開始に必要となるネット環境やホワイトボード、プロジェクターといった備品類もすべて備え付けら20れており、それらを無料で使用することができます。事業開始で何かと物入りとなりがちな時期にコストをかけずに利用できるのは非常に便利です。

このように、銀座ビジネスセンターであれば、法人登記から口座開設を見越したレンタルオフィス契約を行うことができ、ビジネスを円滑に進めていくことができます。
もし法人登記に不安がある、オフィス所在地にはこだわりを持ちたい、とお考えなら、銀座ビジネスセンターをおススメします!

筆者お気に入りのレンタルオフィス
レンタルオフィス銀座ビジネスセンター

詳細はこちらまで

「業界の先駆者」としての信頼と実績!秘書サービスも魅力。
今では一般的になったレンタルオフィスですが、その先駆者とも言えるのがレンタルオフィス銀座ビジネスセンターです。信頼と実績に加え、常時10名の秘書が提供する丁寧で正確な秘書サービスが強みです。
形態 レンタルオフィス、バーチャルオフィス
料金 月額10,000円~
拠点 銀座
評価

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンタルオフィスとは?

士業の開業用事務所として本当に使えるレンタルオフィス

外資系レンタルオフィス契約で大失敗した理由

レンタルオフィスで東京進出の足がかりに

絶対に失敗しない!レンタルオフィスの選び方

【本音】クライアントはシェアオフィスに入居している企業を信用してない