レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスというのは、簡単に言ってしまうと貸事務所のようなものです。文字通り、オフィスをレンタルすることになるのですが、オフィスとして必要な備品や設備などが最初からそろっている状態で利用することができます。

要は最初からオフィスとして機能が用意されているところをレンタルするのです。一般的な貸事務所のようなものではあるものの、貸事務所と比べると費用面が良心的です。コストパフォーマンスがいいとも言えるでしょう。

レンタルオフィスと似たサービス

レンタルオフィスには似たようなサービスがいくつかあります。バーチャルオフィスとシェアオフィスと呼ばれるものなのですが、それぞれとレンタルオフィスの違いについても触れていきましょう。

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違い

まずは、レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いについてです。レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いは、ズバリ、オフィスとして実際に使えるかどうかです。

レンタルオフィスは言うまでもなく、一般的なオフィスとして利用することができます。しかしながら、バーチャルオフィスに関しては実際にオフィスで会議や面談をするといった利用ができないのです。

というのも、レンタルオフィスでは実際にオフィスをレンタルするのに対して、バーチャルオフィスはあくまでもオフィスとしての住所や電話番号といったものを借りるだけなのです。

一般的なオフィスのようにそこへ取引先の方を招いたり、会議をしたりといったことはバーチャルオフィスではできないのです。

レンタルオフィスとシェアオフィスの違い

では、レンタルオフィスとシェアオフィスの違いはどうでしょうか?レンタルオフィスとシェアオフィスの違いは簡単に言ってしまうと、シェアするかどうかという部分です。

レンタルオフィスというのはレンタルしている間は、あくまでもその人だけのオフィスになります。しかしながら、シェアオフィスになってくると文字通り、複数人でシェアすることになります。

シェアオフィスは複数人でシェアすることになりますので、自分ひとりだけのオフィスというわけにはいきません。常にシェアする相手の存在を意識させられますし、スペースをどのように使うのかお互いに気遣っていく必要があります。

まとめ

レンタルオフィスにはバーチャルオフィスやシェアオフィスといった似たサービスがあります。しかしながら、それぞれが明確な違いを持っていますので、レンタルオフィスとはまったくの別物として考えておいたほうがいいでしょう。

もちろん、それぞれに魅力があります。自分にとってマッチするもの、利用する上で納得できるものを選んでいくようにしましょう。

レンタルオフィスを利用するメリット・デメリット

先ではレンタルオフィスとバーチャルオフィス、シェアオフィスの違いについて触れました。こういった似たサービスがある中で、レンタルオフィスを利用するメリット・デメリットについても理解しておきましょう。

メリット

レンタルオフィスのメリットとしてまず挙げられるのは、費用面です。先でもお話ししましたが、レンタルオフィスの場合、一般的な貸事務所よりも費用を抑えることができます。

オフィスに必要な備品や設備などがそろっている状態で利用することができますので、備品や設備などを用意する必要もなく、そのための費用も節約することができます。すぐにオフィスとして利用できるような状態なのですから、コストパフォーマンスの面でも優秀と言えるでしょう。

また、レンタルオフィスのメリットとしては立地のよさも挙げられます。通常、立地のいい場所にオフィスを構えようとするとかなりのお金がかかってしまうものです。

そのため、費用面を考慮して立地のあまりよろしくないところにオフィスを構えるといったケースも少なくありません。しかしながら、レンタルオフィスであれば良心的な金額で立地のよいオフィスをレンタルすることができるのです。

さらに、レンタルオフィスだからこそ状況に応じて、オフィスの規模を変えていくことができるという部分もメリットになってくるでしょう。最初は小さなオフィスをレンタルし、軌道に乗ってきたら大きめのオフィスをレンタルするといったことが可能です。

自分でオフィスを構えてしまうとこういったことは気軽にはできません。レンタルオフィスだからこそ、フットワークも軽くなるというものです。

デメリット

では、レンタルオフィスのデメリットとしてはどのようなものが挙げられるのでしょうか?まず挙げられるのはオプションの存在です。

というのも、レンタルオフィスというのは良心的な価格設定となっているものの、基本的な料金とは別にオプションが用意されていることがほとんどです。よりレンタルオフィスでの利便性を高めようと思えば、オプションを追加することになりますので金額も高くなってしまう可能性があるのです。

もちろん、オプションが不要ということであればそれでいいのですが、オプションを追加していくうちに割高になってしまうという可能性もあるのです。その点は頭に入れておきたいものです。

また、レンタルオフィスというのはあくまでも借り物のオフィスです。レンタルオフィスを提供してくれている業者が廃業するといったことになってくると、また別のレンタルオフィスを探さなければいけません。

レンタルオフィスを利用する以上は、どこであってもこのリスクがあることを考えておいたほうがいいでしょう。

まとめ

レンタルオフィスにおいては、良心的な費用面、優秀なコストパフォーマンス、立地のよさ、フットワークの軽さといったものがメリットになってきます。一方で、オプションの追加で費用が膨らんでしまうといった可能性やレンタルオフィス業者の廃業のリスクといったものがデメリットになってきます。

メリットとデメリットの両方をきちんと理解した上で、レンタルオフィスを利用していきましょう。

抑えておきたいレンタルオフィスの注意点

とても心強いレンタルオフィスなのですが、レンタルオフィスを選ぶ際にはいくつかの注意点があります。ここでは、その注意点について触れていきたいと思います。

応接室がないところは絶対に避けるべき

レンタルオフィスにもいろいろなものがあるかと思いますが、まず応接室がないところは絶対に避けておきましょう。というのも、応接室というのはビジネスにおける基本です。

オフィスまで足を運んでもらい、そこでじっくりと話をするというのはビジネスにはおいては当たり前のシーンです。そういったときに必要となってくるのが応接室なのです。

応接室がないという時点で、相手は不信感を抱いてしまうかもしれません。普通のオフィスでは応接室があって当たり前ですし、そこに案内するのが一般的です。

そう考えると相手に不信感を抱かせないためにも、ビジネスを成功させるためにも応接室がないところは絶対に避けるようにしましょう。

受付がいないところは絶対に避けるべき

先ではレンタルオフィスにおいて応接室がないところは絶対に避けるべきだという話をしましたが、受付がいないところも絶対に避けるべきです。オフィスにおいて受付の有無というのは、思っている以上に重要になってきます。

一般的にも受付がいるとそれだけで「きちんとした企業なんだな」と思われるものです。要は受付がいるというだけで、イメージがよくなるのです。

それに受付は受付で仕事をしてくれます。何日の何時に誰が来るのかといったスケジュールを把握しておくのはもちろん、実際に誰かが訪ねてきたときには対応をしてくれます。

場合によっては、簡単な清掃などをおこなってくれることもあります。受付がいることによって、余計な仕事を増やさずに済むのです。

受付のいないレンタルオフィスはその分、費用が抑えられるのですが、オフィスとしての信頼性といった面でも不安が出てきますし、仕事も増えてしまいます。レンタルオフィスを利用するのであれば、受付がいないところは絶対に避けるようにしましょう。

まとめ

レンタルオフィスというのは、とても魅力的なものです。実際にレンタルオフィスサービスもかなり増えていますし、利用者も増加傾向にあります。

しかしながら、だからといってレンタルオフィスであれば何でもいいというわけではありません。応接室のあるところもあれば応接室のないところもありますし、受付がいるところもあれば受付のいないところもあります。

オフィスとしての信頼性はもちろん、ビジネスを成功させるため、仕事の効率化のためにも応接室がないところや受付がいないところは絶対に避け、応接室があり受付のいるレンタルオフィスを利用するようにしましょう。

予算があるならバーチャルオフィスよりレンタルオフィス

バーチャルオフィスというのは先でもお話ししましたように、あくまでもオフィスとしての住所や電話番号といったものを借りるだけです。その住所で実際に会議や面談をするといったことはできません。

実際に会議をするなどオフィスとして使うことができない分、バーチャルオフィスというのはレンタルオフィスよりも費用面で抑えることができます。ただ、バーチャルオフィスの場合、やはり「オフィスにお伺いします」と言われてしまったときに困ってしまうものです。

先々のことを考えるのであれば、バーチャルオフィスよりもレンタルオフィスのほうがいいでしょう。もしオフィスにかける予算で十分にレンタルオフィスを利用することができるということであれば、レンタルオフィスを利用するようにしましょう。

ビジネスにおいてオフィスというのは重要なポイントになってきます。無駄にお金をかける必要はありませんが、必要経費と考えておきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

士業の開業用事務所として本当に使えるレンタルオフィス

レンタルオフィスの隠れた落とし穴