レンタルオフィスの選び方(運営者目線・従業員目線・取引先目線)

レンタルオフィスを利用しようと考えている方は、どんな基準でレンタルオフィスを探していますか?

特に東京都内のようにたくさんのレンタルオフィスがひしめき合っている状態の中では、選定の基準も人の数だけあることでしょう。家からの通勤時間やエリア、コストなど、さまざまな観点から見ていくことで、より自分の理想のレンタルオフィスに出会う可能性は高まります。

しかし、できるだけ効率よくレンタルオフィスを見つけるには、第三者目線でのおススメポイントも知っておくとよいかもしれません。自分の観点で選ぶだけでは、どうしても自分の強い主観だけで選定してしまいがちです。

今回は、「レンタルオフィス運営会社の目線」、「レンタルオフィスで働くスタッフの目線」、「レンタルオフィスに来訪するクライアント目線」といった、自分以外でレンタルオフィスに関わる方の目線にて選定ポイントを見ていきましょう。

レンタルオフィスを選ぶ視点

皆さんが、レンタルオフィスを選ぶときには、ネットの比較サイトやお目当てのレンタルオフィスの公式サイトなどを参照することでしょう。その際には、できるだけ細かい情報が載っているサイト、写真が多かったり、口コミが書かれていたりと、多角的な視点で見ることができるサイトを参考にしたりするのではないでしょうか?

比較サイトにしろ、レンタルオフィス運営会社の公式サイトにしろ、魅力的な文言で書かれたさまざま表現は、レンタルオフィスを検討している方の心の琴線に触れる素晴らしいものです。しかし、その情報が誰に向けたメッセージなのかをしっかり汲み取らないと、非常に良さそうに見えたレンタルオフィスが、「実は自分のニーズには全く合わなかった」、「レンタルオフィス自体には不満がないが、周辺環境があまり好きではない」といったことによって、印象が悪くなってしまうことがあるのです。

たとえば、皆さん自身がレンタルオフィスを選定する場合には「コストが予算内に収まるかどうか」「交通費があまりかからない、電車の乗り換えがない路線にあるかどうか」「レンタルオフィス周辺の治安は悪くないか」「昼食を食べに行く場所やコンビニは近くにあるか」「施設は綺麗か」「スタッフの対応は悪くないか」といった具合に、例を挙げればきりはないですが、さまざま理想条件が浮かぶことでしょう。

コストについて重視して考えた場合、「月10万円以内に収めたい人」と「月2万円しかオフィス代が捻出できない人」では、選ぶ施設やエリアなどが異なってきます。当然エリアを変えたくない人であれば、施設のグレードが下がったり、スタッフがいない無人レンタルオフィスだったりと、何かを妥協したりグレードダウンしなければならないわけです。

そうして何を優先して何をあきらめるかを考えながら、苦労してレンタルオフィスを契約したものの、「思ったほど通わなくなった」「内見時のイメージと実際使う際のイメージにギャップがありすぎる」などで、レンタルオフィスをすぐに解約するといった事はしたくないものです。

たとえば、以下の3名の方の目線で見た場合、自分で選定する際の基準とは少々異なる点が見えてきます。

レンタルオフィスの運営者目線で重視したい選定ポイント

レンタルオフィス運営者の目線で重視する、つまり経営側の視点で考える選定ポイントのもっとも重要なことは、「倒産や廃業の危険性が高いレンタルオフィスを選ばない」ということでしょう。利用者が困ることの一つに、レンタルオフィスが倒産・廃業したりすることで、せっかく法人登記したものの別の場所に移らなければならないことがあった場合です。

突然夜逃げのようにいなくなっても困りますが、事前に連絡があって数か月後になくなるので出ていってほしい、と言われても「どうすればいいのか?」という不安に駆られることがあります。実際にレンタルオフィスが入居する建物から退出する羽目になった利用者の中には、東京都内で多店舗展開する外資系運営会社から3か月以内に他の店舗に移ってほしいと言われ、非常に困った経験のある人もいます。

また「営業スタイルがビルに依存するタイプのレンタルオフィス」の場合も、運営者側の意向だけで決められない問題が発生するなどの課題があるようです。空調や営業時間など、できるだけ運営側の意志で物事が決められるレンタルオフィスであれば、快適に利用できることが多いようですね。

従業員目線で重視したい選定ポイント

従業員目線で利用を考えた場合、通勤するスタッフのことを考えると「通勤時間に混まない路線にある」「駅から遠くない場所にある」「(女性スタッフの場合)エリア的に治安が良い」「美味しいランチが食べられる」といった、周辺環境や通勤への満足度が高いレンタルオフィスが良いという結果になるのではないでしょうか。また利用者もハイソサエティとはいかないまでも、普通の方が多くて変わった人が集まらないような場所にあるレンタルオフィスが好ましいかもしれません。

そうなるとエリア選定は重要となり、東京23区であれば、品川・丸ノ内・銀座・六本木などのオフィスが集積するようなエリアであれば、条件を満たしやすいでしょう。ただし、このようなエリアは通勤路線的には混むエリアでもあるため、レンタルオフィス利用者の立場からすると「あえて通勤時間帯に利用するのは避ける」ことを検討しても良いでしょう。

レンタルオフィスに来訪するクライアント目線で重視したい選定ポイント

レンタルオフィス利用者が招くクライアントの目線で利用を考えると、「打ち合わせしやすい場所にある」「取引先として安心できる場所にある」といったレンタルオフィスのある場所が重要なポイントとなるのではないでしょうか。名刺交換をする際に、相手の会社がどこにあるかを気にする人もいると思いますが、ビジネスにおいて拠点となるエリアの場所は非常に重要です。打ち合わせが頻繁に開催されるクライアントの場合、昨今のコロナ禍ではzoomによるミーティングも増えましたが、それでもリアルに会って話せる場は持ちたいもの。いつもクライアントのオフィスに出向くだけでなく、クライアントをもてなすことができるレンタルオフィスであれば、取引における信用度も高まることでしょう。

他にも車で移動する機会の多いクライアントであれば、駐車場が完備されていたり、近くコインパーキングがあったりする環境であることや、会議スペースがすんなりと利用できるレンタルオフィスも使い勝手がよくて安心です。

レンタルオフィスを選ぶ基準は「安心の運営会社」「周辺環境」「施設」「交通」を重視

以上、3つの目線でレンタルオフィス選定基準を見てきましたが、それぞれのポイントをまとめると、「安心の運営会社」「周辺環境」「施設」「交通」といった点が重要ということになります。利用者目線だと「コスト」が最優先だったりしますし、法人登記を考えている方なら「登記の可否」もポイントとなるでしょうが、明らかに目線が違った点を感じたのではないでしょうか。

自分では気づきにくかった重要ポイントに注目しレンタルオフィスを選ぶことで、長期間にわたり利用できたり、クライアントとの関係性を良好に保てたり、エリアや周辺環境を好きになったりと、レンタルオフィス利用が快適なものとなることでしょう。

「安心の運営会社」「周辺環境」「施設」「交通」を重視するには「銀座ビジネスセンター」を

しかし、「安心の運営会社」「周辺環境」「施設」「交通」全てにおいて満足できるようなレンタルオフィスが東京都内に本当にあるのでしょうか?そんなレンタルオフィス、実は銀座にあります。それも「コスト」も満足できる時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

レンタルオフィスの老舗とも言える存在の「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座で誕生、すでに20年以上にわたり銀座で営業を続けている安心のレンタルオフィスとなっています。知名度抜群の銀座にある「銀座ビジネスセンター」は、銀座6丁目の超一等地にある「銀座風月堂ビル」5階にあり、450㎡のワンフロアーを利用した全22の完全個室レンタルオフィスとバーチャルオフィスを備えたハイブリッド型レンタルオフィスとして、中小企業をはじめとしたスモールビジネス従事者の多くに利用されています。また、大企業のプロジェクト単位で利用されたり、地方企業のサテライトオフィスとしても利用されたりすることもあります。

利用料金は月額11,000円から、個室利用料金は1時間1,760円からという良心的な料金設定。個室は使いたい時に使いたいだけ利用できるタイプなので、固定費をあまりかけずにビジネスに必要な環境が手に入ります。法人登記も可能なため、銀座アドレスを手に入れられる「銀座ビジネスセンター」は、東京メトロ銀座駅から徒歩2分、JR有楽町駅からも徒歩5分の近さ。近くに駐車場もたくさんあるため、車での通勤や車でお越しのクライアント来訪時の駐車場問題もクリアにします。

施設もセンスの良い高級感あふれる家具が備え付けられ、優雅にクライアントをお出迎え。オフィス家具やオフィス備品は全て完備、基本無料で利用が可能です。銀座エリアにて周辺環境も充実。仕事帰りに銀座でご飯や買い物とビジネスとプライベートを両方充実させることができる快適な環境と言えるでしょう。

もちろん自宅からの通いやすさなど考慮すべき点は多々ありますが、もしビジネスを安定的にすぐにでも成長軌道に乗せたいという方であれば、「銀座ビジネスセンター」は、好条件を多数兼ね備えたレンタルオフィスとして役立つに違いありません。

まずは「銀座ビジネスセンター」の公式ホームページ(URL: https://www.ginza-bc.co.jp/ )を閲覧していただき、どのようなサービスを提供しているかチェックしてみることからスタートしてみましょう。

筆者お気に入りのレンタルオフィス
レンタルオフィス銀座ビジネスセンター

詳細はこちらまで

「業界の先駆者」としての信頼と実績!秘書サービスも魅力。
今では一般的になったレンタルオフィスですが、その先駆者とも言えるのがレンタルオフィス銀座ビジネスセンターです。信頼と実績に加え、常時10名の秘書が提供する丁寧で正確な秘書サービスが強みです。
形態 レンタルオフィス、バーチャルオフィス
料金 月額11,000円(税込)~
拠点 銀座
評価

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンタルオフィス利用のリスクとは?

ウェブサイトの住所表記を画像にしなければならないというレンタルオフィスに注意

目先の利益で脱東京は機能不全!レンタルオフィスという選択

マニュアル通りの電話代行サービスはもう古い

無人型レンタルオフィスここがヤバい!

レンタルオフィスのコロナ対策は万全か?~隠れた企業努力を行っているレンタルオフィ...