士業の開業用事務所として本当に使えるレンタルオフィス

自宅を開業用事務所にするのは本末転倒

自宅を開業用事務所にすることを考えている方も多いのではないでしょうか?確かに、自宅をそのまま開業用事務所にすれば、開業用の事務所を借りる必要がなくなりますのでランニングコストを抑えられるかもしれません。

しかしながら、自宅を開業用事務所にするのは本末転倒と言えるでしょう。というのも、自宅を開業用事務所にしても信用されませんし、場合によっては面談したくないと思われてしまうのです。

開業する本人にしてみれば、住み慣れている自宅を事務所にできるのですから居心地もいいでしょう。ですが、その事務所に招かれる側というのはその真逆の感情を抱いてしまうものです。

重い話なことにも関わらず自宅でお茶をしているかのような感覚になりますし、だからこその居心地の悪さというものを感じるようになります。仕事とプライベートを公私混同しているような感覚を与えてしまうのです。

ビジネスは小さく始めて大きく育てる

ビジネスというものをどのようにお考えでしょうか?人それぞれいろいろな考え方があるでしょうが、基本的にビジネスというのは小さく始めて大きく育てていくものです。

ビジネスを大きく始めるというのは得策ではありませんし、実際にそれで失敗している方も大勢いるものです。欲がない状態でビジネスを始める方はそうそういないでしょうが、欲を全面に出してビジネスを始めてしまうと必ずといっていいほど失敗してしまいます。

これはビジネスで使う事務所でも言えることで、いきなり大きな事務所を構えて始めてしまうのは危険です。事務所に関しても小さな事務所からスタートさせるのが最善と言えるでしょう。

小さな事務所からスタートして、それで資金繰りが問題がないようであれば徐々に事務所を大きくしていくという形をとるのが理想なのです。いきなり欲を出したり、見栄を張ったりしないようにしましょう。

レンタルオフィスという選択肢

事務所というと自分で物件を探して、契約をして……というイメージがあるでしょうが、今の時代はレンタルオフィスという選択肢があります。この選択肢を活用しない手はありません。

先ではビジネスは小さく始めて大きく育てるという話をしましたが、小さく始めるのにあたってレンタルオフィスというのはまさに最適なのです。ビジネスを始めるスタートラインとして、レンタルオフィスを活用していきましょう。

士業に絶対必要な面談室は確保しつつランニングコストを大きく抑える

士業において、面談室というのは絶対に必要となってくるものです。逆に言えば、面談室がない状態での士業というのはあり得ません。

そのため、士業において絶対に必要となってくる面談室を確保しつつ、ランニングコストを抑えることを考えなければいけません。それも少し抑えるのではなく、大きく抑えることを意識していくべきです。

レンタルオフィスであれば、士業で絶対に必要となってくる面談室を確保しつつ、ランニングコストを大きく抑えることが可能になってきます。つまり、士業でビジネスを始める方こそレンタルオフィスを活用していくべきとも言えるのです。

最近流行りのIT向けシェアオフィスでは品格が保てない

士業でビジネスを始めるという方にとって、品格というのはとても重要な要素になってきます。品格があるかないかで士業でのビジネスが成功するかしないかが決まってくると言っても過言ではありません。

最近ではIT向けシェアオフィスといったものが流行っていますが、こういったIT向けシェアオフィスでは士業に必要な品格というものを保つことができません。もちろん、ITにはそういった雰囲気が合っているのかもしれませんが、士業にはそういった雰囲気は合わないのです。

もちろん、IT向けのシェアオフィスとレンタルオフィスというのはまた違ったものになりますが、士業の方はレンタルオフィスの中でも品格を保てるようなものを選んでいく必要があるのです。それが士業でのビジネスを成功させるかどうかを左右するかもしれないのです。

雑居ビルのレンタルオフィスではお客様を呼べない

レンタルオフィスの中には、雑居ビルの中にあって本当にオフィスとしての住所を貸すだけといったものもあります。もちろん、そういったものも使いようによっては役立つのですが、士業でのビジネスには向きません。

というのも、雑居ビルのレンタルオフィスでは、お客様を呼ぶことができないからです。士業においては面談室が絶対に必要となってくるという話をしましたが、士業においては面談室で実際にお客様と面談をする必要があるのです。

雑居ビルの住所を貸すだけのレンタルオフィスはもちろん、仮に面談室があっても雑居ビルというのはお客様を呼ぶのに適しているとは言えません。同じレンタルオフィスでもお客様を呼べるようになっており、またお客様を呼ぶのにふさわしいレンタルオフィスである必要があるのです。

面談室はプライバシーが守られる完全個室型

士業であれば面談室は絶対に必要となってくるのですが、だからといってとりあえずの面談室があればいいというわけではありません。仮に面談室があったとしても、そこでのやり取りが外に筒抜けになるような面談室では意味がありません。

面談室というのは、お客様のプライバシーが守られる完全個室型であることが求められるのです。そういう面談室を用意することによって、お客様も安心して面談室で話ができるようになるのです。

面談室でプライバシーが守られないのであればお客様も十分な話ができないでしょうし、場合によっては途中で帰ってしまう可能性があります。そうなってくるとビジネスチャンスを逃すことになるのです。

事務所を構えるなら立地と品格

士業でビジネスを始めるのであれば、プライバシーが守られる面談室を用意するのはもちろん、立地と品格というものも意識していかなければいけません。お客様は立地や品格から利用するかどうかを決めることも多いのです。

立地に関してはアクセス面はもちろんですが、安心感や信頼感といったものを与えられる場所であることも求められます。品格に関しては言うまでもありませんが、士業でのビジネスにふさわしい品格というものをアピールできるようにしておきたいものです。

レンタルオフィス銀座ビジネスセンター(https://www.ginza-bc.co.jp/

レンタルオフィスというのは今需要が高まっていますので、いろいろなところでサービスが提供されています。しかしながら、士業でビジネスを始めるのであればレンタルオフィスもしっかりと吟味していかなければいけません。

数あるレンタルオフィスの中でも、士業の方に特におすすめなのが「レンタルオフィス銀座ビジネスセンター」です。士業の方に限らず利用することのできるレンタルオフィスサービスなのですが、特に士業の方にとっては魅力的な条件がそろっているのです。

士業の方が数多く入居しているので安心

レンタルオフィス銀座ビジネスセンターには、実際に士業の方が数多く入居しています。これだけでもこれから士業でビジネスを始めるという方にとっては、大きな安心感につながってくるのではないでしょうか?

やはり実際に士業の方が多く入居しているということは、それだけ士業の方にとって必要なものが揃っているということでもあります。実際にレンタルオフィス銀座ビジネスセンターを利用してみれば、士業の方が集まってくる理由というものを体感することができるでしょう。

月5万円で面談室が20時間使える

レンタルオフィス銀座ビジネスセンターであれば、月5万円で面談室が20時間使えるようになっています。何度もお伝えしていますように、士業の方にとって面談室というのは欠かすことのできないものです。

ただ、その面談室を確保するのに苦労する方も少なくありません。しかしながら、レンタルオフィス銀座ビジネスセンターであれば良心的な価格できちんとした面談室を確保することができるのです。

もちろん、その面談室もお客様が安心できるような仕様となっていますし、お客様をお招きするのに十分な仕様と言えるでしょう。お客様も安心して必要なことを話してくれるようになるはずです。

銀座の一等地で立地も品格も兼ね備えている

レンタルオフィス銀座ビジネスセンターはその名前の通り、銀座にあるレンタルオフィスです。銀座といえば誰もが知っている地名ですし、誰もが「品格のある場所」と感じるでしょう。

実際にビジネスをしている方であれば、「事務所は銀座にあります」と言えば相手の反応もあからさまに変わってくるはずです。それくらい銀座というのは威力のある場所なのです。

レンタルオフィス銀座ビジネスセンターは銀座の一等地にあるレンタルオフィスですので、立地はもちろん、品格も兼ね備えているのです。士業でビジネスを始める方にとっては、立地も品格もあるということでまさに理想的なレンタルオフィスと言えるのではないでしょうか?

様々な大きさの全20部屋はプライバシーが守られる完全個室型

レンタルオフィス銀座ビジネスセンターには全部で20もの部屋が用意されているのですが、それぞれで部屋の大きさが異なります。そのため、お客様の人数に応じて部屋を使い分けることができるのです。

それだけではありません。というのも、レンタルオフィス銀座ビジネスセンターにある20ものすべての部屋が完全個室型となっており、お客様のプライバシーが守られる仕様となっているのです。

士業でビジネスを始める方にとってはお客様に応じた対応ができる上に、お客様にとっても安心できる個室を提供することができるのです。レンタルオフィス銀座ビジネスセンターであればビジネスチャンスを逃すことはないでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンタルオフィスの隠れた落とし穴

レンタルオフィスとは?