無人型レンタルオフィスここがヤバい!

レンタルオフィスを利用する際に、皆さんは常時スタッフがいるレンタルオフィスと無人型のレンタルオフィス、どちらが利用しやすいと感じるでしょうか?

通常時にスタッフがいる有人型のレンタルオフィスの場合には、利用者が仕事に専念できるようなサポートやバックオフィス対応など行ってくれるのが一般的です。

ところが最近は、スタッフを置かない無人型のレンタルオフィスも増えてきました。

この無人型のレンタルオフィスは、人との関わりが最小限で済むということもあって、人付き合いがあまり得意でない方を中心に好まれる傾向にありますが、実はこの無人型レンタルオフィス、多角的な視点で見た時に、有人型レンタルオフィスと比べると実にデメリットが多いレンタルオフィスと言えるのです。

今回は、無人型レンタルオフィスとはどういう特徴なのか?デメリットは何か?どういった点が有人型レンタルオフィスと異なるのか?といった点について細かく見ていきます。

 

無人型レンタルオフィスの特徴

無人型のレンタルオフィスにはスタッフは常駐していません。

ではどのように運営会社は利用者の状況を確認するのか言うと、自社にいながら監視カメラの設置によりリモート監視を行ったり、鍵やカードキー、テンキー入力などを伴う入退室管理システムで利用者の入退室を管理したりすることをしています。

 

無人型レンタルオフィスのメリット

無人型レンタルオフィスは、有人型レンタルオフィスと異なり人が存在しなくてよいことから24時間運営のところも多く存在します。利用者側も好きな時に来て好きな時に帰るといったことができるので、気軽に利用できる点は大きなメリットと言えます。

また、常駐スタッフを持たないことで人件費をかけずに済むため、初期投資となる業務システム導入にいくらかの費用がかかったとしても、その分利用者側に低コストでのサービス提供を実現しやすいという特徴もあります。エリア相場に比べて大幅に価格が安いレンタルオフィスの場合には、無人型レンタルオフィスの可能性が高いかもしれません。

 

無人型レンタルオフィスのデメリット

無人型レンタルオフィスのデメリットは大きく3つあります。

一つ目として、郵便や宅急便の受取時に不便が生じる点です。

通常の郵便や宅急便の受取は問題ないのですが、たとえば税務署や年金事務所からの郵便物、取引銀行、クレジットカード関連などの本人確認用の郵便物の多くは転送不可の書留郵便のケースが多く、無人のレンタルオフィスの場合には受取の際に少々手間が生じることがあります。利用するレンタルオフィスにもよりますが、受取の際に再配達依頼をして確実にいる時間に現地で引き取るか、場合によって管轄内の本局となる郵便局へ引き取りに行く必要があることも。

バーチャルオフィス機能のあるレンタルオフィスを利用している地方企業の場合は、無人型の場合、わざわざ東京へ出向くまたは面倒な手続きを経由するなど、さらなる困難を極めることが想定されます。

その点有人型レンタルオフィスの場合、不在時には受付スタッフが受け取って保管しておいてくれますので、受け取りまでの時間や手間がかかるということがなくて済みます。

二つ目として、緊急対応などの突発的事象に弱い点です。

たとえば、クライアントが打ち合わせに自身のレンタルオフィスへ来訪する場合、時間より早めに到着してしまったとしても受付に誰もいないために不安にさせてしまった、とうようなことが生じる可能性もあるでしょう。またネット上だけで会議室予約をするという無人型レンタルオフィスの場合、システム上のトラブルや通信エラーにより予約が入っておらず会議室が利用できなかった、という問題が生じる可能性もあり得ます。

しかしその点で有人型レンタルオフィスの場合、スタッフが受付対応を行ってくれますし、予約ミスが生じた場合には代わりの部屋をあてがうなど、スタッフによる人的対応がトラブルを最小限にしてくれる点では大きく軍配が上がります。

三つ目として、衛生面での不安です。

無人型レンタルオフィスでは、有人型レンタルオフィスに比べて清掃回数が格段に少ないことが容易に想定されます。
特に会議室などの共有部分は清掃が行き届いておらず、机や椅子などに手垢が付いたものがそのまま放置され続けたまま次々利用されていくことになります。

現在はコロナ禍ということもあり、日常業務としての清掃対応だけでなく、コロナ感染症対策(消毒液の設置・アルコール消毒・飛沫感染防止など)を徹底することにより利用者の安心へと繋がっているため、どのレンタルオフィスも当然のように対策を行っています。

ところが、これらの対策は個々のレンタルオフィスにゆだねられているのが現状であり、しっかりした対策が取られていないレンタルオフィスも当然ながら多数存在しています。

上記の点からすると、無人型レンタルオフィスはコロナ感染しやすいというハイリスクな環境である可能性が高く、非常に危険であるといえる場所なのです。

 

有人型レンタルオフィスの特徴

次に有人型レンタルオフィスについて見ていきましょう。

有人型レンタルオフィスには営業時間中にスタッフが滞在し、利用者が快適に使用するための仕事を行っています。ただし24時間利用可の有人型レンタルオフィスで常にスタッフがいるということはほとんどなく、スタッフ対応時間には制限があります。

スタッフの業務内容はレンタルオフィスによって異なりますが、一般的な業務内容としては以下のようなものがあります(中には有償対応のものもあります)。

  • 来訪者対応
  • 電話やFAX対応
  • 郵便物や宅配物の受取、保管、転送対応
  • 秘書代行
  • 営業事務代行
  • 室内や会議室の清掃
  • レンタルオフィス予約受付対応
  • 内覧予約受付および応対

 

有人型レンタルオフィスのメリット

有人型レンタルオフィスのメリットとしては、やはり人がいる「安心感」です。問題や緊急対応が生じた時にすぐにその場にいるスタッフを頼ることができる点は一番のポイントとなります。外出していた場合にクライアントが突然訪問してきたとしても、受付にスタッフがいれば一切不安がありません。

またデジタルで片付かないアナログ的な対応に関しては、有人型レンタルオフィスに勝るものはありません。

そのアナログ対応の1つに「清掃」があります。人が活動するレンタルオフィスでは当然毎日のごみ処理や掃除は欠かせません。固定型の個室スペースはさておき、共有部分となる会議室や受付、廊下などの清掃がなされているレンタルオフィスは、利用者および利用者のステークホルダーに気持ちよく使ってもらうための最低限のマナーは遵守していると言えます。

この点を重視しているレンタルオフィス運営会社は、定期的に室内やトイレ、玄関マット、エアコン等のクリーニングを外部の清掃業者に委託したり、スタッフが日々清掃対応を行ったりするなど、きめ細かい対応をしているのでとても安心です。

有人型レンタルオフィスのデメリット

有人型レンタルオフィスのデメリットとしては主に2つあります。

一つ目ですが、スタッフを置くということは運営会社としては人件費(コスト)がかかりますが、当然利用者がそのコスを負担することになります。その点で無人型レンタルオフィスよりコスト高になる可能性は高くなります。

もう一つは、利用者によってはスタッフの存在が気になってしまう点です。

清掃や受付対応などをしてくれる点には感謝しつつも、受付を通る際に挨拶をしなければならなかったりするのが面倒だ、という方もいるでしょう。利用者のすべてがスタッフのいる環境を快適と感じているかというと、必ずしもそうではありませんので契約する際にはその点も考慮しておきましょう。

 

有人型レンタルオフィスとして最高品質のサービスを提供する「銀座ビジネスセンター」

これまでの内容から、「やはりスタッフによるサポートは必要だ」「コロナ対策をはじめとした清掃や感染防止がしっかり取られているレンタルオフィスがいい」という方にぜひおススメなのが、銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年から銀座で運営をスタート、現在も業界の先駆者として多くの利用者がいる老舗のレンタルオフィス。東京メトロ銀座駅からわずか1分、JR有楽町駅からは5分と、都内への交通アクセスは抜群。並木通りとみゆき通りが交差した銀座6丁目の銀座風月堂ビル5Fで450㎡のワンフロアーを使ったバーチャルオフィス機能が備わったレンタルオフィスを展開しています。

 

有人型レンタルオフィスとしての最高峰!常時10名の秘書が一流のサービスでおもてなし

「銀座ビジネスセンター」の営業時間は月曜から土曜の朝9時から夜8時45分。その間約10名の秘書が常駐して会員企業のサポート業務を行っています。すべてのスタッフは非常に高いスキルと一流のおもてなしを学んでおり、丁寧かつ正確な仕事を行うことで会員および会員のステークホルダーからは高い評価を受けています。

コロナ禍の現在では、徹底した感染防止対策として、受付でのアルコール消毒や飛沫防止対策だけでなく、個室や会議室利用ごとの清掃およびアルコール消毒による除菌を行っています。

もともと「銀座ビジネスセンター」では、利用後の清掃・除菌対応をしっかりと行っていましたが、コロナ禍にてパワーアップし、会員へ更なる安心を提供しています。

 

銀座ビジネスセンターの秘書サービス内容

「銀座ビジネスセンター」が会員企業に行うサービス内容には以下のようなものがあります。無人型レンタルオフィスでは決して味わうことのできない、ホスピタリティを肌で感じることができる一流のサービスを堪能ください。

 

  • 郵便物や宅配物の受取・保管・転送対応
  • FAX対応
  • 急な来訪者への受付対応
  • 飲み物の注文対応
  • アルコール消毒や清掃対応
  • 事務作業の代行
  • 個室予約対応

※一部のサービスは別途料金となります

 

「無人型レンタルオフィスではいろんな点で不安なので、有人型レンタルオフィスを利用したい!」という方は、これを機にホスピタリティ溢れる「銀座ビジネスセンター」を利用されることをぜひおススメします。

筆者お気に入りのレンタルオフィス
レンタルオフィス銀座ビジネスセンター

詳細はこちらまで

「業界の先駆者」としての信頼と実績!秘書サービスも魅力。
今では一般的になったレンタルオフィスですが、その先駆者とも言えるのがレンタルオフィス銀座ビジネスセンターです。信頼と実績に加え、常時10名の秘書が提供する丁寧で正確な秘書サービスが強みです。
形態 レンタルオフィス、バーチャルオフィス
料金 月額11,000円(税込)~
拠点 銀座
評価

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ソーシャルディスタンスが確保されたレンタルオフィスの条件

レンタルオフィスのコロナ対策は万全か?~隠れた企業努力を行っているレンタルオフィ...

レンタルオフィスの無人化・ワンオペが加速

【本音】クライアントはシェアオフィスに入居している企業を信用してない

都内でテレワークに最適な場所5つを考える

家賃支援給付金でわかった契約してはいけないレンタルオフィス