銀行に怪しまれている企業が多いレンタルオフィスに注意

起業したばかりの人やすでに事業を行っている会社の新たな拠点として、レンタルオフィスやバーチャルオフィス、シェアオフィスといったものが有効活用されています。その中でも法人設立登記も行えるところに関しては、通常のオフィス賃貸契約を行うにはコスト面から難しいと考える起業家にとっては非常に便利な存在です。

その法人設立登記の際に重要となってくる手続きの一つに銀行口座開設があります。
しかしながら近年、振り込め詐欺などを行う犯罪組織が、レンタルオフィスなどを法人名義で利用していることが多発し、銀行も口座開設時の審査をこれらのオフィスにおいては厳しくしている傾向にあるといわれています。

そのためレンタルオフィスを選ぶ際には単に値段が安いからという理由で選ぶのでなく、法人登記が行えるか、銀行口座を開設できやすいかどうかというのも重要なポイントとなります。

そこで今回は、レンタルオフィスで銀行口座開設を行う際に気を付けたい点や、どのようなレンタルオフィスを選べば問題ないかについてまとめてみました。

レンタルオフィスで法人登記する問題点

近年、レンタルオフィスやバーチャルオフィスで法人の設立登記を行えるところが増えています。本店所在地として登録することにおいては、レンタルオフィスを利用する上では何も問題はありません。

しかしいくつかのレンタルオフィスの中には、法人設立の本店所在地とすることを禁止しているところも少なからずあるため、ホームページや契約書の中身はきちんと読んでおくことが必要となります。

法人名義の銀行口座開設

レンタルオフィスやバーチャルオフィスを利用して会社設立を行う際、問題となるのが法人名義の銀行口座開設ではないでしょうか?

メガバンクをはじめとした金融機関によっては、本店所在地で実際の事業が行われているかどうかをチェックすることもあります。そのためレンタルオフィスで本店設立登記を行おうとしている方は通常のオフィスを構える人以上に注意が必要となります。

また、法人銀行口座開設時には会社の電話番号が必要となります。できるなら固定電話の番号を持つほうがビジネス上得策ですし、銀行によっては口座開設に固定電話番号が必須というところもあるようです。昨今はスマートフォンアプリで個人や会社の携帯番号とは別にIP電話(050発信)の番号を持つことができますので、それを利用するのも一つの手です。

レンタルオフィスで法人口座が開設できると得られるメリット

レンタルオフィスやバーチャルオフィスで法人口座を開設できると次のようなメリットが得られます。

通常法人口座開設をする銀行は、法人設立登記に使用する本店所在地に近い銀行の本店・支店となるのが一般的です。

そのため、銀座にあるレンタルオフィスであれば「○○銀行銀座支店」といった口座名になるわけです。

この口座名、ホームページや取引先への請求書等にも記載するものとなり、多くの人の目に触れることになりますので、都心一等地の地名を使っていればそれだけで企業ブランディングや信用力に重みを増すことになります。

銀行口座開設に失敗しないためには

これまでお伝えしてきたように、振り込め詐欺やマネーロンダリングといった犯罪の拡大防止を目的として「犯罪収益移転防止法改正」といったものが実行されています。その結果、銀行の法人口座開設にあたっては審査が厳格化されています。特にメガバンクでの口座開設は取引実績がほとんどない段階では難しいとされています。

ではレンタルオフィスやバーチャルオフィスで法人登記する際、銀行口座開設で失敗しないためにはどのようなことをしていけばよいのでしょうか?

1.銀行に怪しまれるような信用度の低いレンタルオフィスと契約しない

メガバンクをはじめとした主要金融機関では、本店所在地を調査する際に、過去にその住所を通じて犯罪がなかったかどうかを確認して審査をするとされています。そのためインターネットを検索しても出てこないような知名度の低いレンタルオフィスやバーチャルオフィスは利用してはいけません。

その際、オフィスとして不適切な住所に存在しているところや一般の人が多数居住しているマンション、治安の悪そうな雑居ビルなどを拠点としている場合には、契約を避けましょう。安さが売りだけのレンタルオフィスの中には、自社のホームページに住所をテキスト表示させることを禁止(画像表示はOK)しているところもあります。その場合には何か裏があると思ったほうがよいでしょう。

2.資本金額をあまり低くしすぎない

現在は1円からでも株式会社が作れる時代のため、資本金額が少ない形でも法人を名乗ることができます。

とはいえ、あまり会社の資本金を少なくしすぎるのも信用面において問題です。金融機関によっては資本金の最低額が設定されているところもありますので、確認しておくことをおすすめします。

3.定款の事業目的欄には怪しく思われない事業内容を明記

法人口座開設の際に、銀行はホームページや定款を見てその会社がどのような事業を行っているのか、行う予定なのかを確認します。口座開設のため銀行に訪れた際に内容説明を求められることもありますので、怪しまれるような事業目的を記載することは避けましょう。

また、登記申請をする際、登記官からの連絡に対応しなかった・できなかった、郵便物が届かなかったなど、怪しまれる状況があると、実体がないペーパーカンパニーではないか?と疑われてしまう可能性もあります。そのため秘書サービスで電話の対応や郵便物対応を行っているレンタルオフィスを利用するなど、不安を解消する手段を検討しておきましょう。

4.本店所在地に事務所がきちんとあることを示す

通常、銀行は口座開設の際にオフィスの賃貸契約書の提出を求めます。レンタルオフィスでものオフィスの実態があるかどうかはチェックされると思ってください。レンタルオフィスで固定のアドレス(個室)がある場合でも、実態はレンタルオフィス運営会社の所在であるため、運営会社との契約書が必要となってきます。

バーチャルオフィスの場合は固定のアドレスがありませんので、会社用の電話は最低限準備しておきましょう。

オフィス選びで失敗したくないなら銀座ビジネスセンターが安全

以上、レンタルオフィスで銀行口座開設を行う際に気を付けたい点や、どのようなレンタルオフィスを選べば問題ないかについてまとめてみました。銀行口座開設で悩みたくない、という人はぜひ一度レンタルオフィスの銀座ビジネスセンターがおすすめです。

銀座ビジネスセンターであれば法人の本店所在地を、「東京都中央区銀座6-6-1」の住所で持つことができますし、ウェブサイトでテキスト表示も問題ありません。

また、メガバンクの銀座支店の銀行口座開設が可能なレンタルオフィスです。

そんな銀座ビジネスセンターは創業2000年、およそ20年に渡りレンタルオフィス業界のリーディングカンパニーとしての地位を保ち続けて今までやってきました。業務拡大に伴い数度の移転を経て、現在は銀座風月堂ビルという銀座6丁目の一等地で、450㎡のワンフロアーを使ったバーチャルオフィスと22の個室を時間貸しするサービスの提供をしています。

その他にも銀座ビジネスセンターには主に5つの特徴があります。ひとつずつ紹介していきますと

1.常時10人の常駐秘書サービス

銀座ビジネスセンターには、月曜から金曜の平日9:00~20:45まで常駐秘書が待機しております。

常時10名の高いスキルを持つ秘書は、それぞれの会員様への電話対応から郵送物や宅配物の受け取りサービス等、丁寧かつ正確に対応してくれます。

2.銀座一等地の場所というステータス

銀座ビジネスセンターの住所は「東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5階」。まさに銀座の中心地にあります。ですから、クライアント様との商談の際にも自信を持ってご利用いただけますし、この住所を利用できることにより、クライアント様への信用度向上、会員様自身のステータスを高めることに貢献してくれます。

3.安心安全のセキュリティー対応

銀座ビジネスセンターでは、2~3名ほどの部屋から16名が利用可能な完全個室22の部屋が用意されています。それぞれの個室は天井まで壁があるため気密性の高い作りとなっています。

また、各部屋はそれぞれ施錠によってプライバシーの確保がなされており、営業時間外は警備会社によるセキュリティシステムの作動、カメラによる監視システムにより安全管理を徹底しております。

さらに郵送物に関しても、秘書が個人情報保護に十分配慮した形で安全に預かり・毎日転送してくれます。

4.ご契約当日から利用が可能に

銀座ビジネスセンターはご契約当日から利用可能!必要書類の提出や申込書のご記入、ご捺印、入会金および基本料金支払い完了時点で即ご契約・ご利用が可能です。その際に敷金・礼金、保証金、更新料、保険料等は一切不要となっています。

また、一般的なレンタルオフィスでありがちな半年または1年以上といった最低契約期間の縛りがなく、1か月単位で利用できます。

5.ビジネススタートに最低限必要な備品も完備

銀座ビジネスセンターには、ビジネス開始に必要となるネット環境やホワイトボード、プロジェクターといった備品類もすべて備え付けら20れており、それらを無料で使用することができます。事業開始で何かと物入りとなりがちな時期にコストをかけずに利用できるのは非常に便利です。

このように、銀座ビジネスセンターであれば、法人登記から口座開設を見越したレンタルオフィス契約を行うことができ、ビジネスを円滑に進めていくことができます。
もし法人登記に不安がある、オフィス所在地にはこだわりを持ちたい、とお考えなら、銀座ビジネスセンターをおススメします!

筆者お気に入りのレンタルオフィス
レンタルオフィス銀座ビジネスセンター

詳細はこちらまで

「業界の先駆者」としての信頼と実績!秘書サービスも魅力。
今では一般的になったレンタルオフィスですが、その先駆者とも言えるのがレンタルオフィス銀座ビジネスセンターです。信頼と実績に加え、常時10名の秘書が提供する丁寧で正確な秘書サービスが強みです。
形態 レンタルオフィス、バーチャルオフィス
料金 月額10,000円~
拠点 銀座
評価

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンタルオフィスのコロナ対策は万全か?~隠れた企業努力を行っているレンタルオフィ...

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスの隠れた落とし穴

レンタルオフィス利用のリスクとは?

ホームページが賑やかなレンタルオフィスには要注意

レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスの違い