安かろう悪かろうシェアオフィスの問題点

新型コロナウィルスの影響によるテレワーク増加や働き方改革により、昨今シェアオフィスのニーズが高まっています。コロナが収束に向かったとしても、多くの企業では「今までのような働き方には戻らないのでは?」とも言われている中、コストをあまりかけずに仕事ができる環境を求め、多くのビジネスワーカーがシェアオフィスにて日々仕事をしている姿を見かけます。

そんなシェアオフィスについて皆さんはどれくらい知っていますか?

実はシェアオフィスだと思っていたらレンタルオフィスだったとか、コワーキングスペースだった、といったことがあるくらい正確に理解できている人が少ないのも事実。

賃貸オフィスとは異なり比較的安価でオフィススペースを利用できるというメリットぐらいは知っているものの、詳しい特徴や各オフィスにおける設備や契約条件などをきちんと知っておかなければ、「安かろう悪かろう」のシェアオフィスと契約してしまうことになりかねません。

今回はシェアオフィスの特徴や利用に関するデメリット、シェアオフィスと同じぐらいコストメリットの高いレンタルオフィスについてご紹介していくことにしましょう。

 

シェアオフィスとは?

シェアオフィスとは「Shared Office」を略したもので、自分以外の多くの企業や個人事業主といった方々も集まりオフィスを共有できるスペースのことを意味します。特定の個室スペースを持たずにフリーアドレスで利用できることから、他社との交流も個室利用タイプのレンタルオフィスに比べると頻繁に行われることで情報交換や事業コラボレーションも可能な点が魅力の一つ。

もともとシェアオフィスの利用料金自体安いものの、個室利用に比べるとさらに安いこともあり、起業したてのスタートアップ企業、社員がいない1人会社の社長、webデザイナーやエンジニアなどに人気なオフィス形態です。

シェアオフィス内の一部に個室スペースを設けているところもありますが、数は限定的であることも多く、静かな環境で誰にも邪魔されずに仕事をしたいという人には少々不向きであると言えるでしょう。

 

他のオフィスとの違い

シェアオフィスはそのオフィス形態からコワーキングスペースによく間違えられると言われます。

またレンタルオフィスやバーチャルオフィスは名前が似ていることもあって、混同される方が多いようです。

ここではそれぞれのオフィスと機能面でどのような違いがあるのか見ていきます。

 

コワーキングスペース

コワーキングスペースはシェアオフィス同様、複数企業が同居する形でかつフリーアドレス型タイプのオフィス形態を持ちます。シェアオフィスとの違いについてはあまり明確に定義されていませんが、シェアオフィスが作業場所としてのテイストが強いのに対し、コワーキングスペースは利用者同士のコミュニティ形成が主たる目的で利用となるケースが多いということが挙げられます。

とはいえ、シェアオフィスでも横の連携は行われますし、コワーキングスペースでも作業に集中することは可能。その意味では大きな差はなく、運営会社がどちらの名称で運営を行っているか?といった違い程度のものと思っていても問題ありません。コスト的にもシェアオフィスとあまり変わりがありません。

 

レンタルオフィス

次にレンタルオフィスに関してですが、レンタルオフィスは個室利用をメインとしたオフィス形態のことを言います。自分だけが利用可能な専用個室があり、使用中に他者がスペース内に入ってくることもありません。

そのため仕事に専念しやすい環境があてがわれるという点では非常に使いやすいですが、シェアオフィスと比べると費用がやや高めに設定されているケースが多いこともあり、コスト重視の場合には悩むこともあるでしょう。

また個室といっても運営会社によってスタイルは様々。たとえば、

月額個室型…賃貸マンションと同様、月ごとの契約でスペースを完全に占有できるタイプ。1人~数名、数十名といった規模で専用エリアを借りて事業活動を行えるが、部屋が広くなればその分コストが上がる

時間貸し型…運営会社が保有する個室スペースを時間単位で貸し出すタイプ。利用人数や用途によって利用する部屋を選べることや、月に数度しか利用しないケースの場合にはこちらのタイプがお得。ただし空きがなければ利用できない

 

さらに、

 

完全密閉型…部屋自体が密閉された防音効果の高い個室タイプ

簡易型…天井上部が開いていたりパーテーションで区切られたタイプで、スペース利用はできても防音効果やセキュリティ対策が伴っていないことがデメリット

 

といったものもあり、コストや条件によって利用できるグレードが変わってきます。

 

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスはシェアオフィスやコワーキングスペース、レンタルオフィスとは大きく異なり、場所が伴わず住所のみ利用したいという方向けのオフィス形態です。

大半のバーチャルオフィスでは法人登記ができるため、普段の作業は自宅で行い、会社宛てに届いた郵便物を転送してもらいさえできれば対外的には特に困ることはありません。オフィスとしてのスペースがない分、コスト的はかなり安く利用できます。

 

シェアオフィス利用のデメリット

大半のシェアオフィスではメリットについては強調して利用規模者に伝えているものの、デメリットをはっきりと伝えるようなことはほとんどありません。そのためシェアオフィスを利用しようと考えている方にとっては、シェアオフィスのデメリットもきちんと知っておく必要があります。

そこで、ここではシェアオフィスの利用デメリットについて見ていきます。

 

プライバシーの欠如

シェアオフィスにおいてはプライバシーを確保するのは非常に難しいと言えるでしょう。特に人の出入りが激しいシェアオフィスは後ろからあなたのパソコンの情報を盗み見ることもできる状態にあります。そのため、個人情報を取り扱うようなデータ処理関連の業務を行っている方や、企業の機密情報をやり取りしている方などはシェアオフィスでの作業に危険が伴います。

またちょっとした離席にも非常に気を使わなければなりません。お手洗いやドリンクバー利用時に席を立つといった場合、パソコンを閉じたり貴重品を常に身に付けておいたりするなどの行為が面倒に感じるようであれば、シェアオフィスは向かないかもしれません。

 

雑音を防げない

シェアオフィスは多くの人がフリーアドレスで利用できる環境がメインである以上、人の話し声や周囲の雑音はどうしても気になってしまうものです。特に最近ではオンラインミーティングも一般的になってきており、シェアオフィスを利用する際には、他人の声と同居するぐらいの感覚でなければ仕事に集中することは難しいでしょう。

ヘッドホンや耳栓でガードできる方であればいいかもしれませんが、そうでない方だとシェアオフィス利用自体を検討しないといけないかもしれません。

 

コロナ禍での三密

シェアオフィスにおいてもコロナ感染対策は行われているとはいえ、不特定多数が訪れる機会の多いシェアオフィスでは、個室利用のレンタルオフィス等に比べると感染リスクが高いと言わざるを得ません。

また各運営会社によるコロナ対応もまちまちで、自分で対策を講じなければならないものから運営会社側でしっかり対策に講じているところまでさまざま。ホームページに書かれている感染症対策を鵜呑みにせず、検討する際には実際にどのような対策が取られているかを見たうえで判断しておく必要があります。

 

Wi-Fi速度の低下

シェアオフィスの運営規模にもよりますが、利用者数が多いレンタルオフィスの場合、時間帯や利用者数が最大値に近いた場合にWi-Fiの速度が大幅に落ちることがあり、作業に支障をきたすこともあるようです。そのため、シェアオフィス利用者の中には自らポケットWi-Fiを持参して利用している人もいます。

フリーWi-Fiを期待してシェアオフィスを利用するようなら通信環境にも気を配りましょう。契約後に通信速度が遅かったり頻繁に切れたりして仕事にならなかった、ということにならないよう注意が必要です。

 

実はシェアオフィスよりもおすすめ!快適な仕事環境を選ぶなら「銀座ビジネスセンター」

以上のようにシェアオフィスを利用する場合のデメリットを見てみると、単純にローコストだからといって気軽に手を出してしまった場合、オフィス環境面の問題から満足いかない可能性が高いことがわかります。

そこで視点をシェアオフィスからレンタルオフィスに変えてみて、快適なビジネス環境を手に入れることを一番の条件として考えてみるのはいかがでしょう?レンタルオフィスも条件によってはシェアオフィスと同じくらいの料金で利用できるところもありますし、何より個室が利用できるとなれば作業効率も非常に高まることでしょう。

そこでおすすめしたいレンタルオフィスが、銀座にある時間貸しタイプのレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」なんです。

「銀座ビジネスセンター」銀座の地でこれまで20年以上にわたる運営実績を持つ安心安全なレンタルオフィス。

最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅から5分と好アクセスであることや、羽田空港や東京駅、品川駅に近いこともあり、全国に出張が多い方にも不便さを感じさせない交通便の良さは魅力です。

「銀座ビジネスセンター」がおすすめであるレンタルオフィスとして、特に注目したいのが以下の3つ。

①法人登記や口座開設に利用できる銀座のアドレスが月額11,000円~の料金で利用可能

②完全密閉型かつ防音対策バッチリのレンタルオフィスを1時間1,760円の時間貸しスタイルで提供

③コロナ対策は万全!常駐秘書が個室利用後に消毒・清掃を都度行う徹底ぶり

 

銀座エリアでも比較的リーズナブルな「銀座ビジネスセンター」は法人登記も可能なレンタルオフィスとして、中小企業やフリーランス、スタートアップ企業など、コストに敏感な方々にも非常にうれしい料金でサービスが提供されていることもあって、コロナ禍でも利用者は日に日に増えているようです。

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」であれば「安かろう悪かろう」ということはありません。コストパフォーマンス良く快適な環境で、あなたのビジネスを飛躍的に伸ばすことを可能にしてくれることでしょう!

筆者お気に入りのレンタルオフィス
レンタルオフィス銀座ビジネスセンター

詳細はこちらまで

「業界の先駆者」としての信頼と実績!秘書サービスも魅力。
今では一般的になったレンタルオフィスですが、その先駆者とも言えるのがレンタルオフィス銀座ビジネスセンターです。信頼と実績に加え、常時10名の秘書が提供する丁寧で正確な秘書サービスが強みです。
形態 レンタルオフィス、バーチャルオフィス
料金 月額11,000円(税込)~
拠点 銀座
評価

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンタルオフィスで家賃支援給付金を申請する方法

総務省が開設を進める「おためしサテライトオフィス」

レンタルオフィスでの法人登記は1か月間利用してからにすべき理由

レンタルオフィス選びの失敗談!入居してから気づいた大きな問題

電話秘書サービスがあるレンタルオフィスにすべき理由

会議室や応接室の収容人数が少ないレンタルオフィスには要注意