ホームページが賑やかなレンタルオフィスには要注意

レンタルオフィスを探す際にホームページを参照する人は多いと思います。そこで掲載されている情報をいくつか比較検討したうえで、実際に訪問したり電話したりしてさらに情報を詳しく確認し、契約することになるのではないでしょうか。

ホームページを見ているとシンプルにすっきりしたホームページの運営会社がある一方、レンタルオフィスの情報以外にもセミナー情報や助成金についてなど、いろんな情報が満載で、何が重要なものなのかよくわからないところもあるのが現状です。

そこで今回は、ホームページから見て取れる安心安全なレンタルオフィスの選び方について見ていきましょう。

レンタルオフィスを選ぶポイント

レンタルオフィスを選ぶ際にはいくつかの外せないポイントがあります。このポイントを外してしまうと、契約時はお得に見えたものの実際に利用する際に問題が出てきてしまい、利用上の不便さを感じてしまうことになりかねません。

そのポイントとして5つ挙げていきます。

ホームページがわかりやすく情報が整理されている

レンタルオフィスを探す際に必要な情報として、立地や価格、サービス内容やオプションとしてどのようなものがあるかといったものがわかれば十分と言えるでしょう。それ以外の情報として参考となるのは、これまでの実績やお客様の声といったものがあればなおよいかもしれません。

しかしそれ以外の情報がホームページを所狭しと埋め尽くされていたとしたら、何が重要な情報なのか?この会社の主要事業は何なのか?わからなくなってきてしまいます。

ホームページは会社の看板であり、お客様との接点となります。そのホームページに記載されている内容が分かりにくく、何を行っている会社か端的にわからなければ、自分が探している条件を簡単に探し出すことはできません。

昨今、広範囲の顧客を取り込もうと検索エンジン対策の一環としてありとあらゆる情報を掲載している会社のホームページを見かけます。エリアも非常に広範囲でどこのエリアも全方位的にカバーし、料金プランもいくつか持っている。さらにセミナーの情報や助成金に関する情報、メディア掲載情報など様々な情報で埋め尽くされているようなそんなホームページを見たことはないでしょうか?

情報に惑わされあまり適切なサービスが受けられないということがないように、ホームページがごちゃごちゃしていてわかりにくいレンタルオフィスの場合には、足を運んだり電話をしたりしてサービス内容を詳細に確認する必要があります。

利用単価があまりに安すぎるところは注意

利用単価を安く集客しているようなところであれば、質の面で適切なサービスが受けられないといった問題が発生してくる可能性があります。

たとえば、会議室やセミナールームを予約する場合、利用単価が安いプランでも高いプランでも会議室の数は決まっています。その少ない会議室を多くの利用者で取り合うことになれば、なかなか予約が取れないといった事態に陥ります。

会議室の利用も1時間500円程度から借りることができれば、そう簡単に予約を取ることはできない可能性が高く、せっかく利用できると思って契約したレンタルオフィスがあまり活用できないということになりかねません。

また、ホームページに表示されている料金以外にも入会金やオプション料金など様々な費用が掛かってくることがあります。ホームページに書かれているのが最安値のプランの料金で実際には空きがなく、契約の際にはワンランクもツーランクも上のプランで契約させられることになってしまったということがないように、コスト面についてはしっかりと確認しトラブルがないようにしなければなりません。

秘書サービスなどの受付対応の質に問題はないか?

レンタルオフィスを契約しようとしている人の大半は1人や数人でビジネスを行っている人だと思います。そのような場合、レンタルオフィスによっては基本プランの中に含まれていることもありますが、「秘書サービス」といった事務作業を対応してくれるサービスがしっかりしていると非常に助かるのではないでしょうか。

これはオプションとなることが多いものではありますが、電話代行サービスや郵送物の保管管理、レンタルオフィス利用時のサポートなど、これらのサービスを行う秘書のクオリティは、そのレンタルオフィス事業者がどれだけ社員教育を行っているかによるところが大きいものです。このクオリティは会社によってレベル差が大きく、クオリティの高くないレンタルオフィスだと、電話対応をする人がころころ変わってしまったり、引継ぎや連絡系統に問題をかかえ、情報伝達がスムーズにいかないといったことなど、クライアントを不安にしかねない状況を作り出してしまいます。

そのためレンタルオフィスを検討する際には、ホームページにただ「秘書サービス」と書いてあるから安心、と思わずに、きちんとどのようなサービスを行ってくれるか、秘書のスキルは実際どのくらいのものなのか?を自身が納得できるまで確認するのが良いでしょう。

実際にレンタルオフィスを内覧しないで決めてはいけない

レンタルオフィスの契約は中にはホームページや電話で行うこともできますが、きちんと足を運んで目で見ておかなければあとで後悔することになります。

家の賃貸契約でもあるようにホームページで写真や情報を見るのと、実際に中を見てみるのでは雲泥の差があります。特にホームページに掲載されている写真はプロのカメラマンが撮影したものや、いくつかの部屋の中で一番きれいで見栄えの良い部屋のものであることが多いため、イメージが異なることは多々あります。

特にチェックしておきたいのは他の部屋との間仕切りがどうなっているかという点。個室とはいえ上部が開いていて気密性が低いレンタルオフィスもあります。実際に部屋に入ってみた際に隣の声が聞こえるということも、行ってみなければわかりません。

また、備品についてもプロジェクターやホワイトボード、コピー機等ホームページに記載があるので安心していたものの、実際のものを見てみると、型が古く利用上不便を感じることもあるかもしれません。

ただし、内覧をしてしまうと「その場で契約させられてしまうかもしれない」「いろんなオプションを勧められるかもしれない」という不安から足を運ぶことに躊躇してしまう人もいます。ただ、内容に満足できない場合にはきちんと断ればよいだけです。レンタルオフィス側もビジネスですので、無理な契約を強要するようなことはありません。

徒歩〇分は実際に自分で歩いて確かめること

レンタルオフィスは主要な駅の近くや、一等地にあるランドマーク的なビルに入っていることが多いのが特徴の一つです。

その際、レンタルオフィスまで〇〇駅から徒歩〇分、と記載されている分数は、駅から最短で行ける距離をベースに1分80m換算で計算された数値が使われています。しかしながら、1分80mで歩くのは実際かなりのハイペースであることから、想定している分数より時間がかかってしまうことが多々あります。最近は多くの人がスマートフォンを持ち地図検索で目的地を目指して移動されると思いますが、信号や歩道橋、階段などは考慮されていなかったり、どの改札口から出た場合の分数で計算されているか把握できないこともあるでしょう。

起業して自分でビジネスを行う人であれば、通勤時間はあまりかけたくないというのが本音ではないでしょうか。そのため想定より時間がかかってしまう場所だと、せっかく契約したにもかかわらず、思ったほど通わなくなったということになりかねません。

そのためにも、契約前には自分の足で歩いてどれくらいの時間がかかるかを確かめておきましょう。

以上のようにレンタルオフィスの契約は、ホームページを閲覧しただけで判断するのは非常に危険な行為となります。もちろんホームページを見ながら電話でレンタルオフィス事業者に確認することもできますが、応対している相手の知識レベルがわからない以上、実際に自分で確かめたほうが安全です。

決して安くはない入会金や月額費用、諸経費など年間で数十万~数百万のお金を払い続けるとしたら、そこで手を抜いてはいけないということを肝に銘じておきましょう。

レンタルオフィス選びに迷ったら銀座ビジネスセンターを検討してみるのも手

以上、ホームページから見て取れる安心安全なレンタルオフィスの選び方について見てきました。

いろんなレンタルオフィスのホームページを見てはいるものの、なかなかこれだ、というところが見つからない!とおなやみの方は、一度銀座ビジネスセンターを検討してみるといいかもしれません。

この銀座ビジネスセンターは、創業が2000年、20年に渡ってレンタルオフィス業界のリーディングカンパニーとして君臨し、これまでサービスを提供し続けている老舗企業です。

現在は銀座風月堂ビルのある銀座6丁目という銀座有数の一等地にて450㎡のワンフロアーを使ったバーチャルオフィスと22の個室を時間貸しするサービスを展開しています。

利用料金は銀座という一等地にもかかわらず非常にリーズナブルな設定となっており、プランによって異なるものの月額1万円~の契約で銀座アドレスを持つことができます。

また、レンタルオフィスでありがちな半年、1年といった最低契約期間の縛りがなく、1か月単位での利用ができるため、急激な業務拡大に伴い、オフィスをすぐにでも移転しようとするような場合も、無駄な固定費を支払わずに済むため、気軽に契約することができるのは大変魅力です。

今現在レンタルオフィス選びで迷っているなら、「銀座ビジネスセンター」で検索して、まずはホームページをチェックしてみるのはいかがでしょうか。

筆者お気に入りのレンタルオフィス
レンタルオフィス銀座ビジネスセンター

詳細はこちらまで

「業界の先駆者」としての信頼と実績!秘書サービスも魅力。
今では一般的になったレンタルオフィスですが、その先駆者とも言えるのがレンタルオフィス銀座ビジネスセンターです。信頼と実績に加え、常時10名の秘書が提供する丁寧で正確な秘書サービスが強みです。
形態 レンタルオフィス、バーチャルオフィス
料金 月額10,000円~
拠点 銀座
評価

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンタルオフィスで東京進出の足がかりに

マニュアル通りの電話代行サービスはもう古い

格安レンタルオフィスはマンガ喫茶のようなチープな作り

電話秘書サービスがあるレンタルオフィスにすべき理由

シェアオフィスを実際に使ってみて不便に思った理由

法人登記後に後悔しない銀座のバーチャルオフィス