レンタルオフィスの隠れた落とし穴

郵便物の転送サービスが週1回のレンタルオフィス

郵便物の転送サービスが週に1回ではやはり少ない

レンタルオフィスにもいろいろなものがあるのですが、その中には郵便物の転送サービスが週に1回しかないといったところもあります。やはり郵便物の転送サービスが週に1回というのは、非常に不便です。

中には「週に1回なら十分じゃん!」という方もいるかもしれませんが、仮に週に1回であってもタイミングが悪いと2週間程度待つことになるのです。例えば、月曜日にレンタルオフィスのスタッフが集計して、普通郵便にてまとめて転送した直後に郵便物が届いてしまった時などです。

郵便物というのは、本来毎日確認するものです。それが週に1回となってしまう時点で、かなり不便です。

きちんと週に1回ペースで必要な郵便物をチェックできればまだいいのですが、先でお話ししましたように最悪だと2週間待つことにもなるのです。必要なものを2週間受け取れない状態が続くと考えると、やはり好ましいことではありませんし、むしろ意識して避けるべきでしょう。

郵便物の転送サービスはレンタルオフィスを選ぶ上での大きなポイントになってきます。必ず毎日転送してくれるレンタルオフィスを選ぶべきです。

郵便物をチェックできずにビジネスチャンスを逃すことも……

ビジネスのやり取りというのは、多様化しています。直接対面することもあれば、テレビ電話のような形でやり取りすることもありますし、電話やメール、LINEなどでもやり取りをすることになるでしょう。

ただ、大事な書類を郵送するという形に関しては昔から変わっていません。もちろん、データ化してメールで添付するということもできるのですが、それでも郵送するという方は多いものです。

レンタルオフィスで郵便物の転送サービスが週に1回となってくると、先でもお話ししましたように必要なものを受け取るのに時間がかかってしまいます。つまり、郵送されてくる大事な書類の受け取りが遅くなってしまうのです。

受け取り後の連絡が迅速であるかどうかというのは、ビジネスにおいてチェックされているポイントです。そこでマイナスの印象を与えるとビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。

レンタルオフィスの郵便物の転送サービスが週に1回だからビジネスチャンスを逃すというのは、もったいないことです。そうならないためにも、郵便物の転送サービスに注目してレンタルオフィスを選びましょう。

無人型のレンタルオフィス

郵便物に影響が出てくる

先では郵便物の転送サービスが週に1回では少なく、ビジネスチャンスを逃す可能性があるという話をしました。レンタルオフィスにおいて、郵便物への影響というのは思っている以上に大事なところになります。

郵便物への影響という点から考えると、無人型のレンタルオフィスも好ましくありません。一見、無人型のレンタルオフィスと郵便物というのはあまり関係がなさそうな感じがするのですが、無人型のレンタルオフィスであるがゆえに郵便物への影響がかなり出てくるのです。

無人型ということで当然スタッフさんはいないわけですから、郵便物をチェックする人もいません。郵便物の遅れにもつながりますし、郵便物によっては人がいないから受け取ることができないということも出てきます。

特に、宅急便や公的機関からの郵送物となってくると本人確認が必要になってきます。本人確認が必要なものというのは重要度も高いでしょうから、こういったものが受け取れないのは痛手となってくるでしょう。

引き取りに行く必要が出てくるため不便に

先でもお話ししましたように、無人型のレンタルオフィスとなってくると郵便物を受け取るスタッフがいませんので郵便物がを受け取ることができないものも出てきます。受け取れないものが出てくると、管轄の郵便局や営業所に引き取りに行く必要が出てきますのでとても不便になります。

レンタルオフィスが必ずしも自宅の近くであるとは限りません。逆に、自宅から離れたところのレンタルオフィスを利用する方も少なくありません。

基本的にレンタルオフィスの住所で届いている郵便物であれば、そのレンタルオフィスのある地域を管轄している郵便局や営業所まで足を運んで郵便物を受け取らなければいけません。引き取りに行くための交通費はもちろん、時間も労力もかかってしまいます。

本人確認が必要な郵便物となってくれば、レンタルオフィスを利用している方にとっても重要度の高いものになってくるでしょう。そのたびに、郵便局や営業所まで足を運ぶというのはかなりの手間になります。

何度も何度も郵便局や営業所に郵便物を引き取りに行くといったことを繰り返していると、お金も時間も労力も無駄にかかってしまうだけです。最初から有人型のレンタルオフィスを選択していれば、こういった無駄を省くことができるのです。

無人型のレンタルオフィスには落とし穴があるのです。

ビジネス経験がない秘書がいるレンタルオフィス

秘書の質は仕事に大きな影響を与える

先では無人型のレンタルオフィスに落とし穴があるという話をしたのですが、だからといって有人であればいいというものでもありません。レンタルオフィスの中には秘書を置いてくれるところもあるのですが、ビジネス経験が全くない秘書がいると無人型のレンタルオフィス同様に悲惨な状態になってしまうこともあります。

例えば、レンタルオフィスにクライアントが来たときに秘書がしどろもどろの対応をしてしまうと、クライアントはそれだけで不信感を抱いてしまうでしょう。お店で店員さんがしどろもどろになっているときに抱いてしまう不信感と同じです。

また、対応はきちんとできても予約の取り忘れをしたり、電話対応が事務的で不親切であったりするとこれもクライアントの不信感を募らせてしまいます。ビジネスにおいて信用や信頼といったものはとても重要なものですし、それを損なってしまうのは大きな痛手です。

このように秘書の質というのは、ビジネスに大きな影響を与えることになるのです。ビジネス経験がない秘書のいるレンタルオフィスは避けたほうがいいでしょう。

秘書の質が高いと有名なレンタルオフィス

レンタルオフィス銀座ビジネスセンター
https://www.ginza-bc.co.jp/

秘書は企業の顔

先でもお話ししましたように、ビジネス経験がない秘書がいるとそれだけでビジネスに大きな影響を与えることになります。それも悪い影響です。

中には「秘書はあくまでもレンタルオフィスの人間なんだから……」と思う方もいるかもしれません。確かにその気持ちはわかるのですが、クライアントにとってはレンタルオフィスの秘書かどうかは関係なく、その企業におけるスタッフのひとりでしかないのです。

要は、あなたの秘書と変わらない存在として認識されることになるのです。

しかも、ビジネスに限ったことではないのですが、第一印象というのはかなり重要になってきます。この第一印象を秘書が左右することになりますので、ビジネス経験がない秘書が対応することによって第一印象が最悪になってしまうのです。

例えば、あるお店に行ったときにたまたま接客したアルバイトの態度が悪いと、そのお店の印象そのものが悪くなってしまいますし、二度と足を運ぶことはなくなるでしょう。ビジネス経験がない秘書を置いているレンタルオフィスでも同じことが起こってしまうのです。

結果的にビジネスチャンスを逃してしまう可能性も出てくるのです。

雑居ビルや豪華すぎるレンタルオフィス

レンタルオフィスの場所も重要に

先ではレンタルオフィスにおけるサービスや人についてお話ししましたが、そもそもそのレンタルオフィスがどこにあるのかという部分も重要になってきます。というのも、今はGoogleマップで住所を検索すればすぐにどんな場所か調べることができるのです。

例えば、とあるお店に足を運ぶことになったとして、それが初めてであればGoogleマップで場所を調べることになるでしょう。その際にはお店に行くまでのルート確認はもちろん、お店の外観がどうなっているのかといったところまでチェックすることになるかと思います。

そこでお店の外観にいい印象を持てなかったり、お店の周りの環境があまりよろしくなかったりする場合、行くことをやめてしまうこともあるかもしれません。これと同じことがレンタルオフィスでも起こり得るのです。

レンタルオフィスの場所が雑居ビルであれば不信感につながるでしょうし、逆に豪華すぎるとバーチャルオフィスだとすぐわかってしまいます。レンタルオフィスであればどこでもいいと思っている方も多いのですが、レンタルオフィスだからこそ相応なものを選択すべきなのです。

周辺の環境も意識しておきたいところ

先でもお話ししましたように、Googleマップで簡単に場所を調べられる今だからこそ、レンタルオフィスの場所にもこだわっておかなければいけません。ただ、その際には周辺の環境まで意識しておくようにしましょう。

例えば、いわゆるオフィス街と呼ばれるようなエリアはどこにでもあるものです。ただ、だからといってそのオフィス街すべてがオフィス街らしい雰囲気を持っているわけではありません。

同じオフィス街と呼ばれるエリアであっても都会的なオフィス街らしい雰囲気を持っているところもあれば、逆にオフィス街らしからぬアンダーグラウンドな雰囲気を持っているところもあるのです。後者になってくると、周辺の環境がガラリと変わってきますし、受ける印象もまったく違ってくるでしょう。

オフィス街と呼ばれるエリアだからOKというわけではなく、そのレンタルオフィスのある周辺の環境まで意識しておくべきなのです。どんな優良企業であっても、周辺の環境があまりよろしくないとそれがそのまま企業のイメージにつながってくることもあるのです。

レンタルオフィスを利用するのであれば、こういった隠れた落とし穴に気を付けて選んでいくようにしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

格安レンタルオフィスはマンガ喫茶のようなチープな作り

士業の開業用事務所として本当に使えるレンタルオフィス

レンタルオフィス利用のリスクとは?

法人登記後に後悔しない銀座のバーチャルオフィス

レンタルオフィスとは?